2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ボニーの挑戦





    幼き日に、左隣を守ってくれていたシェパード、


    その面影を探し、


    見つけた君。


    君が隣にいてくれるなら、


    生まれ変わってみせる。


    朝は5時半に起きるよ。


    君のドッグフードをふやかさなくちゃね。


    野菜をきざまなくちゃ。


    お散歩も毎日3回行こう。


    君がいれば北風なんてへっちゃら。。。。


    るるる~ららら~




    るーるるるー

    ・・・・



    ボニーが来るまで、そんな妄想を抱いていた私ですが、

    なんのことはない、ちっとも生まれ変われてない。


    そんなもんで、朝の食事にありつく為のボニーの

    起床ラッパもヒートアップ。


    それでもしぶとく寝ています。


    今日、ボニーは新しい戦法を試してきました。


    その戦法は


    『飼い主の顔の上にゴミを置く、または物を落とす。』





    今日、いつものように、ボニーの攻撃に耐えて寝ていると


    それまで騒がしかったボニーの気配が消え

    ゴミ箱を漁る音が、

    そして、戻ってきたボニーが私の顔を覗き込む気配を感じた瞬間、


    ぺとり


    『!?』


    前日、こぼれたコーヒーを拭いたべちょべちょのティッシュでした。

    その変のものをおもちゃにする=私が反応する、と覚えているだろうボニーの作戦に笑えました。


    その後は、ティーポットや、お香用の石の壷みたいなのとか、

    おかげで頭全体がたんこぶみたいになっています。

    てか、起きろよってことですよね。


    まだ赤ちゃんで食べては寝てだったボニーの成長がかわいくて仕方ないです。(親ばか)



    (↓福とボニー)
    写真08



















    スポンサーサイト

    | シェパ | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    遅ればせながら

    新年明けましておめでとうございます。


    今日はボニーの2回目のワクチンでした。


    動物病院、昨日、猫2匹を連れて来たばかり。


    先月・今月は、医療費がかなりきてますねぇ。


    お世話も、支出も、お仕事も、重なりまくりでハードだけど、


    今年のおみくじは人生初?の『大吉』


    猫6匹、犬1匹を一人で養う我が身、健康に気をつけて、


    感謝の1年にしたいと思います。


    hpny.jpg


    hphuku.jpg










    | 未分類 | 02:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    仮病その2-生後3ヶ月と3日


    ↓ボニー生後68日の時
    DSC_0129.jpg


    初めて覚えた仮病という『知恵』


    それからの日々は、その知恵を使う機会のないほど、


    飼い主とべったり過ごしていました。


    ですが、その日は突然やってきたのです。


    いつものように出かける準備を始めた飼い主、


    出かける準備と言っても、鏡の前に座ることもなく、


    ポシェットをひっかるだけで出かけていく飼い主ですが、


    この日私はピンと来たのです。


    『今日は、長いぞ。。』


    あれを使おう



    飼い主が出かけようと玄関に向かったその時、


    私は飼い主の前に立ちふさがり、ひっくり返って、


    あの日と同じ悲鳴をあげました。


    まんまと立ち止まって心配そうに私を抱き起こした飼い主、


    まずい、どの足が痛いことにしよう!?


    私はとっさに、後ろ足を片方あげて


    『立てない、立てない』とへたりこんでみせ、飼い主の目をじっと見つめました。


    『ね、私、痛がってるよ!ほら!ほら!』


    ところが、しつこい飼い主、また私を立たせました。


    まさかの確認


    私は焦りました。


    とっさに前足の片方をあげ『立てない、立てない』と再度へたり込みました。


    『いけね!』


    こうなりゃ、しょうがない!


    『前足も痛いんだよ!ほんとだよ!』


    嘘を隠す為の嘘、私は手負いの役になりきって、飼い主の目をじっと見つめました。


    あれ?という顔をした飼い主。


    また私を立たせました。


    もう訳がわからなくなったわたし


    後ろ足をあげたり、前足をあげたり、


    まるでぴょんぴょん跳ねてるみたい。


    これじゃ、はしゃいでるみたいだ。


    結局、全部の足が痛いことにしてひっくり返ってみたけれど、


    しばらく私の足を押したり、伸ばしたりしていた飼い主、


    しらけた目をすると、さっさと出かけて行きました。


    むなしく響く玄関がしまる音、


    家の外では、飼い主を迎えに来て家の前で待っていたお友達に


    飼い主がこう言っているのが聞こえました。


    『お待たせして、ごめんね~!!ボニーが仮病してて!』


    次はもっと迫真の演技で飼い主の目を欺きたいと思います。


    DSC_02912.jpg





















    | シェパ | 06:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    仮病-生後3ヶ月と3日

    ボニーです。


    わたしが、おうちに来た次の日、


    飼い主は、早速『相棒訓練』の手始めに『1人に馴らせる』為と、私を庭に出し、

    DSC_0196.jpg


    家の中に姿を消しました。


    わたしは、驚いて、鳴き叫び、飼い主を呼びました。


    わたしは犬です。


    1人にされるのはとっても苦手なんです。


    生まれてから1人になったことなんて一度もないんですから。


    だから、玉川上水の向こう側まで届くほどの声を張り上げて鳴き叫び続けました。


    でもね、飼い主ったら戻ってきやしない、ちらっとも姿を見せないんですよ。


    ですからわたし、柵をよじ登りました。


    そっちが来ないなら、こっちから行くまで。


    と、ふにゃふにゃの足でジャンプしたのですが、


    うしろ足が柵の間にひっかかっちゃって、痛いのなんのって、


    わたし宙吊り状態になってしまいまして、


    今度は違う悲鳴が出ました。


    その時ですよ、


    飼い主が、血相変えて飛んできたんです。



    飼い主の胸をぽかぽか叩きながら思いました。



    ふふーん。。。なるほどね、


    DSC_0201.jpg





    | 未分類 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。