2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    難しい選択

    いやぁ、今日で『JIN』が最終回でしたねぇ。
    見てましたか?
    私は、人生唯一、1話から最後まで録画して見たドラマでした。
    おもしろかった~。
    色々感じちゃって、思わず久しぶりに日記(紙の方)なんてつけちゃいましたよ。
    単純ですいません。


    (写真は別の日です。)
    DSC_035802.jpg


    昼間は、いつもの小金井公園のドッグランに行って来ました。

    途中、ある犬友を誘う為に電話したらなかなか出ない。

    留守電にもならないのでコールし続けたら...


    『ごめーん!うんちしてた(笑)!』

    と、元気な声で出ました。

    『うんち?って、どっちですか?犬?人間?』

    『え、人間(照)』

    『に・ん・げ・んかよっ!!全部出し切れましたぁ?てか、そのうんち報告いります!?』

    『うん、大丈夫!全部出た♪(質問の後半スルー)』

    と、そんなやりとりのあと、

    待ち合わせてドッグランをあとに、のんびり散歩へ。

    今日は涼しくて過ごしやすかったですね。

    そんな散歩中、

    『あ、ビール忘れた!』と地団駄を踏んだり

    『小腹減った~』とたこ焼きを買ったり、

    散歩なのか、夜中にたむろしてる中学生なのか

    わからないお二人様。


    DSC_036002.jpg



    途中、私が1人コンビニへ行った時です。

    向こうからそれぞれハーレに乗ったお兄さん二人が

    コンビニの駐車場に入って来ました。

    『お、知り合いかな?』と思いましたが知らない顔でした。

    不思議なことに、ハーレに乗ってる知人が何人(何十人?)かいます。

    私の父も、ハーレ(当時はリクオウと呼ばれていましたが)とインディアンというバイクに乗っていました。

    元カレも、元カレのおじいちゃんも。

    だもんで、ハーレ乗りには何故か親近感を感じます。

    あちらも何か匂うのか、

    私がボニーのつなぎ場所を探してきょろきょろしていたら
    一直線に寄ってきて

    『持ってましょうか?』
    と、積極的なオープンハート。

    私も私で
    体重30キロ超えの怪力のシェパードを

    『あ、じゃあ、おねがいします。』と頼んじゃいました。

    しかも、
    私が離れたもんで、じたばたするボニーにてこずり

    両手でリードを持って頑張っているお兄さんに、

    『ついでにタスポも借りていいですか?』

    と、財布を開けさせるどこまでも図々しいアラフォー女(笑)

    DSC_035802.jpg


    そんなアラフォー女、さっきコンビニに(コンビニ行き過ぎ)アイスを買いに行き

    車を降りて歩いていたら、

    お店の前にたむろしていた若者達に、口笛を吹かれました。

    そうか、若者達よ。ここらの夜は暗いからね。判断できなかったんだね、『年輪』を。

    振り向かせて顔を見ようとしつこく口笛を吹いていた若者達。

    もちろん振り向きません。

    彼らの人生に汚点をつけることになるし、

    いかに30代という年齢に自分を慣らしてきたからといって

    やっぱり反応に傷つくのも、若者間の笑いのネタになるのもイヤですから(←超ネガティブ)


    でもね、

    最近の行動範囲の狭さ、行動時間の深さによる世離れの弊害も手伝って、

    それが、暗闇だろうと、

    相手が、盗~んだバ~イクで走~り出す年頃の、居場所を探す若者だとしても、

    性別が♀に見えたことに、ありがたや~。

    と、寿命が5年ほど伸びた気が...

    と、ともに、ここまで落ちた我が身を思う情けなさ(笑)


    世の若者よ、世の女性の劣化を食い止めたければ、

    女と見たら口笛を吹くボランティアなんていいと思うよ。

    中には、男になりかけてる私やボニーとかもいるけどね。。。

    その辺りの判断難しいと思うけどさ。

    世界を変えたいと思うなら、かなり有効で結果の見える手段だとおもうね。


    ま、こんなふざけたこと言ってるから駄目なんですけどね~

    年をとって、自我の持久力が激減しているので

    その辺、頑張れません。偽れません(爆)

    でも、『JIN』を見ると、自分に命を繋げてくれた先祖がいたのだと思い、

    自分も子孫を残すべきなんだろう...と思ったりもして(汗)

    今、や、これからの自分に、どっかで腹を決める必要を感じながらも、

    1人で生きていくつもりなんてさらさらないよ~ってゆう素直な自分もいて。


    そんな、諦めが悪い年頃なのかもしれませんね。


    大人のオンナへの昇華の道は険しく、

    おばちゃんへの道は、滑り落ちるがままに楽しく呑気に。

    どちらを選ぶか?

    この選択、難しい~(笑)


    言っときますが、

    なぐさめはいりません!













    ...やっぱ、いるかも(笑)

    いや、むしろカウンセリングとか?










    スポンサーサイト

    | 人間 | 01:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。