2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ジャミ、少しは学習して。

    ジャミです。

    ひと月ほど前に去勢手術を終えました。

    (今日の写真は全部スマホです。)


    i_img08.jpg

    なんかちょっと、男子な風貌になってきました。

    i_img01.jpg

    甘ったれな性格は更にアップしていて、

    ほんとうにもうどうしようもない。


    こんな感じでボニーにくっついててくれれば楽なのですが、

    i_img07.jpg

    大抵は飼い主にべっちょりくっついてます。

    それはもう、KYで、泥酔状態のごとき思考能力のなさ。

    膝の上では飽き足らず、気づかないうちに服の中にまで入ってきます。

    本当に気づかぬ内に乗るのが猫は得意だと思います。

    i_img11.jpg

    膝から流れ落ちても、そのまま寝ている、神経の図太さ・・・泣

    i_img09.jpg

    無言で降ろします、すぐさま乗ってきます、

    降ろします、乗ります、降ろします、乗ります・・・


    あぁっもぉーーーーーっっ!!

    わたしゃねぇ(←!?)苦手なんですよ!

    こういうNOの伝わらない状況が!

    オス猫ってこういうKYなラブマシーンが多い気がします。

    今までのオス猫みーーーんなそう。

    私のダメンズメーカーの血がそうさせるのか?

    ・・・

    あぁっ!やだっ!(←ダメンズメーカーの部分ね。)

    ・・・陰


    甘えられる事が嫌いなわけではないのですが、

    それがすごく自分勝手で一方通行で、

    NO!が通じないと、どっかの回路に触れてしまって、

    イライラ・・・

    すんごく、くたびれる時があります・・・はぁぁ~



    怒る叱るには芸がいるなんて言いますが、

    本当にそう思う。

    そして私にはその芸の才能が本当にないと思うのです。


    犬には怒れます。

    猫の前で、感情的になることもできます。

    でも猫に向かって、

    『おまえのせいで感情的になってます!』を表現することができません。

    というより、猫を叱ることに何の意味もなく、デメリットしかないという経験が、

    感情を上回る制御力になっていて、胸の中で鳴門の渦潮みたいになっちゃいます。

    なので、ひたすらイライラしながら我慢して甘えられていて

    さらに悪化するのです。


    あぁ、つかれる。


    ジャミ、いい奴なんですけどね。笑

    相変わらず、ボニに怒られても全く記憶に残らない。

    乗ったら落ちる仕掛けとかの天罰風の学習も効き目なし、

    ジャミの学習スロットは、0のまま、カウントされません。

    どうしたら、NO!が伝わるのかねぇ・・・・

    学習しないのがジャミのいいとこだけど、

    ボニが怒るツボも全く学習せずに、常に無防備だし、

    こないだマメチームが来てくれた時も、寄ってきてポカーンと見てるし・・・

    福が嫌がってるのにちょっかい出し続けるし、

    バカは大罪とも言うよ・・・

    いいところなんだけどね、

    ちょっとは学習してほしいと願うこのごろです。





    スポンサーサイト

    | シェパ&猫 | 01:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。