2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    夢は見るもの。

    (今日の画像はガラケー時代のです。)

    PAP_0055.jpg


    私が自立して生活し始めた遠い昔~、

    ボス(おかあたま)が、くれた手紙に意外な事が書かれていました。

    『人生は、どれだけ夢を見続けられるかだと思う。夢を見続け、まさかの坂を登ってけー』って

    最後ダジャレかい!みたいな。笑

    ボスは、夢を捨て、私たちを育てましたので、私たちもまた夢を見ずに生きるべきと思っていると

    私はてっきり思っていましたので、意外でした。


    ”実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。
    大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。-ココ・シャネル-”


    こちらは、昨日、仕事上の参考でココ・シャネルの格言を調べていて見つけた言葉。

    この言葉見て、ニヤニヤしました。そして、ボスの言葉も思い出しました。



    夢は叶えるものとかいう言葉、

    純真な青少年は、この言葉に縛られたりするでしょう?しない?

    私はしたね!笑

    それでいいと思います。

    でも、今は素直にその言葉が苦手。抗う気なし!

    夢はね、それだけで、人の明日をつなぐものだと信じています。

    それでいいじゃないか、と思います。


    PAP_0051.jpg



    おかあたまは、とっても現実的な人に見えるのですが、

    そのへんの花を見ると写真に撮らずにいられなかったり、

    食用のサワガニを買ってきたのにかわいそうでそのまま飼ってしまったり、

    いい年して、夕焼けがきれいだったからと、帰り道を3周したり、

    面白い月だったからと、チャリンコを停めてぼーっと空を眺めていたり、

    その感動を一生懸命娘に伝えて、あくびされたり、

    結構無邪気で少女なままの人。



    そんなヌケがなければ、油が切れちゃう、そんなヌケがあったから、

    やってこれたんだと思います。


    大丈夫、娘もしっかり夢見がちな大人になってしまいましたよ。笑


    PAP_0057.jpg



    でもね、たまに夢見ることを忘れちゃうよ。

    そうするとさ、色々だめよね。

    心の中の『これスキ!スキスキー!!』が足りなくなるとさ。

    ボスにも、夢見た人生を最後まで夢見てて欲しいもんね。


    だからやっぱり、夢はさ、

    叶えなきゃいけないものではなくて、好きなだけ見るものだよ。

    と、

    ココ・シャネルの言葉を見て、

    だよね!?ココ~♪って、思いました。笑


    PAP_0056.jpg


    ちなみに、おかあたまは、ジバンシーのドレスのサンプルパターンを作ったりしていた時があったのですが、もらったジバンシーのタグを勝手に自分の作った服に縫いつけて、家族に『それはないわぁ~』と言われたことがありました。今思っても、それはないわぁ~・・・笑




    スポンサーサイト

    | 人間 | 12:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。