2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    特別

    ちょっとご無沙汰してました。

    連休は、またまたいつもの犬友でお茶したり、

    連休を使って家の模様変えしたり、

    懲りずにまたアキレスおやつ作ったりしてました。

    模様替えは、収集つかなくなって中途半端なまま放置してます。

    途中、PCを移動させる時に、一回抜いたケーブルを、

    『これは大事だからここに置いておこう』と、珍しく用心したのに、

    置いた『ここ』が思い出せず、夜中に探し回ること1時間。

    ようやく見つけました。


    ほんと、自分、信用ならない。汗




    突然ですけど、星の王子様、有名だけど、読んだことある人ってどれくらいいるんだろ~?

    わたしも、大人になって、数年前に初めて読んだクチですけどね~♪


    『一番大切なものは目には見えないんだ。』って有名なセリフ。

    これは、王子様の言葉じゃなくて、

    王子様が地球で出会ったキツネが、

    別れ際に王子様に教えた言葉だって知ってました?

    私は知らなかったです。笑



    てことで、今日はちょいとネタバレな星の王子様21章

    キツネのお話はじまりはじまり~♪



    星の王子様の星には、愛しているけど自分を不幸な気分にしてしまう薔薇が居てね。

    その薔薇は目を見張るほど美しく、けれど気位が高くて、わがままで、負けず嫌いで、

    王子様の気分をぺしゃんこにしてばっかり。

    王子様は、もう耐えられなくなって自分の星を出て、地球にやってくるのです。

    それで、色んな旅をして、ある日キツネに出会う。

    きつねは、王子様に『ねぇ、おいらがあんたになつくようにしてよ。』

    と、言います。

    そして、『なつく』とは何かや、なつくためには『しきたり』が必要であること、

    『しきたり』とは何かを教えます。

    それを実践して、きつねと過ごした王子様は、

    何故自分にとって薔薇が特別だったのか、

    特別とはなんなのかを知るんです・・・



    本のままじゃないけど、キツネはこんなことも言うよ。

    『なつかないうちは何も知ることができないんだよ。』

    『僕があんたになついたら、僕にとってただのこの世界が、どこかに君がいる素敵な世界になる。』

    『人間は、このことを忘れてしまった。けど、あんたは、わすれちゃいけない。
    あんたはあんたになついたものに対して、いつまでも責任があるんだ。
    あんたはあんたの薔薇に責任があるんだ。』


    責任って、色んな形があると思うんですけど、

    今、目の前にいる存在や、実際にあるもの、近い未来の責任、みたいなものだけじゃなく、

    もう会えない存在への心の中での責任だったり、誰かの気持ちとか、目に見えないものへの責任も

    人はいっぱい持ってるな~って思う。

    いろーんな形があるし、いろーんなバリエーションがあるし、

    その責任ていうものが、変化したり成長したりもすると思う。

    星を見たりする時、そうゆう有形無形のものへの特別な責任が心の中に映し出されて、
    それが元気をくれる気がするよ。

    しません?

    人って、上を向いて、星とか月とか、花火とか見てると黙るよね。

    心とか頭の中までしーんと無言になっていくっていうか、

    そうゆう時って、そんな時なのかな~って勝手に思ってます。笑




    こちらは、王子様のセリフ。

    世界で唯一無二の生き物だと思っていた薔薇が、地球に来たら沢山咲いていて、

    でも、自分にとって、あのバラが特別だったとわかった時の王子様。


    ”僕にはたった1本のあの薔薇だけが、君たち全部よりもたいせつなんだ。

    だって、僕が水をあげたのはあの薔薇なんだから。

    ガラスの覆いをかぶせてやったのはあの薔薇なんだから。

    毛虫をとってやったのはあの薔薇だったんだから。

    僕は、あの薔薇が不平を言ったり、自慢話をしたり、

    ときにはだまりこんだりするのにじっとつきあったんだから。

    彼女がぼくの薔薇なんだから。”


    これって、誰でも共感できるんじゃないかな~?って思う。


    けど、読みながら、この人絶対、
    ラブ&ヘイトの、のっぴきならない恋愛を経験してるな~と思ってたら

    あとがきにやっぱり、奥さんとそんなだったと書いてありました。笑






    ちなみに、こちらは、私の特別なシェパード、ボニです。笑


    IMG_3118.jpg


    わたしが、ご飯をあげたのはボニなんだから、うんPをとってあげたのはボニなんだから、

    病院に連れて行ったのはボニなんだから、いつも気にかけてるのはボニなんだから

    私は、ボニが暴れたり、わめいたり、壊したり、はしゃぎすぎたりするのに、じっとつきあったんだから・・・笑

    あ、ウィルもね。笑













    スポンサーサイト

    | 未分類 | 02:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。