2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ウィルが喋った

    もうすぐウィル、2歳の誕生日です。


    DSC_6395.jpg


    そんなウィル、先日喋りました!


    と言っても、

    『まぁ~んま』とか、『オカエリー』とか言ったわけじゃなくて。笑


    夜中寝ている私の横に来て、立ったまま私の腕を、ぽん、ぽん、と押した

    ってだけです。


    DSC_6228.jpg




    どうやらトイレに行きたかったらしくて、

    『起きて、トイレに連れ出して』と言ったんです。

    外トイレ派のわんちゃんちではよくある事なんだろけど、

    わたしははじめて。


    DSC_0421_20141025011049bce.jpg



    ウィルは、8ヶ月まで違う環境にいたので、なんつーか文化の違いを感じさせる犬でしてw

    犬友にも『ウィルは外人だな』って言われるけど、ほんとにそんな感じ。

    言葉とか習慣が違うって感じで、しょっちゅうお互いに『?』ってなることがあるんです。


    DSC_6354_20141025011011cd7.jpg



    でも、

    ぽんぽん、と、私の腕を押して『トイレに行きたい』と伝えるのは、

    今までウィル君の国にはなかった言葉で、

    こっちの国に来てから編み出したっていうか、覚えた言葉だと思うんですよね。


    IMG_2609_201410250115055a0.jpg



    だから、おー!喋った!と、思って、

    トイレね~!トイレ行きたかったのね~!教えてくれたのね~!と、

    せいいっぱい伝わりましたよ~とお伝えして、

    夜中だけど外に出してあげました。

    ウィルも、通じた!と、嬉しそうでした。笑


    DSC_0640_20141025011051fc4.jpg



    ウィルは、うちに来て1年4ヶ月。

    言葉が通じなくても習慣がちがくても

    『焦らなくていいよ~。僕ものんびりいくからさ~。』って

    伝えてくれてるような鷹揚な性格にはとっても助けられました。

    ま、反面、ウィルがそこまで人間との余計なコミュニケーションに意味を持ってなかったっていうのもあるけどね。

    だからこそ時間がかかるっていうか。

    日常生活に困らないし、困っても忘れちゃう性格だし、なかなか進捗しないんです。笑

    で、わたしもまぁいいや~で来ちゃうんだけどね。

    _DSC0004_20141025011506c66.jpg



    でも、結局一緒に暮らすと同じ言葉を使えた方が便利な場面はたーくさんあって、

    お互いにボディーランゲージを駆使しても、

    『?』って思うようなこともいっぱい。笑

    教えてないからしょうがないし、はいじゃあやりましょう!ってお勉強をしなければいけないほど
    お互いに困ってないんです。笑

    困らなかったのは、ウィルが手がかからないおかげ。

    それはウィルが8ヶ月まで育ったビアディーの里のおかげ。


    _DSC0186_20141025011504a3e.jpg




    子犬の時から人の中にいた子のようにはいかないこともたくさんあるけど

    その一癖が面白い。

    少しづつ変化していくことを観察できるオプションという感じで楽しんでます。


    少しづつうちの子になっていくウィルくんなのでした。


    DSC_6666.jpg



    さっき、ウィルが寝言ででっかい遠吠え!びっくりしたーーー!

    ウィルは起きてる時鳴かないのに、寝言がめっちゃ多い。

    むっつりなんだろか?

    不思議くんです。


    _DSC0859_20141025011507095.jpg




    明日(今日?)はデイキャンです。

    あと数時間後には出るのに、まだなーんにも用意してなーい。

    頭がまわらなーい!

    とりあえずお風呂でも入って、コーヒー飲んで・・・

    ええと・・・


    特に用意することもないのか?




    犬と外に出るにはいい季節ですね~


    みなさん、よい週末を~♪



    | モジャ犬 | 02:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    GSDヒストリー

    あ、GSDってのはジャーマン・シェパード・ドッグです。

    ここ2日位、な~んかよくわからないけど、

    シェパードの歴史とかネットで検索して記事を読んでました。笑


    なんかよくわからないけど、おもしろい♪

    シェパードを作ってくれたシュテファニッツ氏の著書とか、
    訳が昔の言葉で何言ってるんだかわかんないし、
    読めない漢字とか出てきてもっとわかんないし、

    けど、なんかおもしろい♪


    突然ですが、こんな感じ。



    むかーしむかし、動物大好きな青年は、牧場経営をしたかったけど、
    母に頼まれ、陸軍に。

    そこで、動物学を学びつつ、順調に偉くなって、

    でも、女優さんと結婚して陸軍をやめます。

    それから、土着の犬で優秀な使役犬を作る道を進み始めます。

    シェパードの元になっているアルザス犬を1頭買いました。

    シュテファニッツ氏はその犬にめちゃ惚れ。

    でも、体型に不安がありました。

    ある展示会場で、またまた理想の犬を見つけて買い受けます。

    それがシェパードのアダムとイブだそうです。

    こちら↓

    o0800065912199897341.jpg

    てか、もう既にほとんどシェパードだ。

    リクとグーちゃん。って感じ。笑


    シュテファニッツの感想がまたシェパードそのものって感じ。
    (わかるとこだけ後でちょびっと完結にした文を書きました。)

    即ちこの犬は當時としては大きく―其體高六○糎乃至六一糎は勿論拡大鏡によつたものでなく、正確な測定の結果だから、今日としても正に中位の大きさである―骨組が丈夫で、其線は流麗、頭部の恰好は上品で、體型は乾燥して逞しく、全身是神経の観があつた。
    之に相応して稟性も良く、即ち主人に對する人懐こい忠實さは驚くばかりであるが、他の凡てに對しては自から備はる傍若無人な支配者的態度があり、其溢るゝばかりの旺盛な元気は制御しがたい程であつた。
    幼犬時代は遺憾ながら訓育は施されなかつたにも拘らず、ほんの一寸したウインクをされても従順に主人の手裡に握られるが、放任すると馬鹿気切つた悪戯つ子、手のつけられぬほどの暴れん坊であり、留度もなく物を追い駆け回はす奴であつた。
    のらくらすることは一刻もなく、絶えず何かして居る。
    悪気のない人間には無邪気に振舞ふが、決して諂諛者(おべっかや)ではなかつた。
    とても子供好きで何時でも惚れ込んで仕舞つたので、これを目撃した者には尽きせぬ楽しみだつたが、其所有者にとつては婁々癪の種でもあつた。
    我々が當時既に飽くまで目的を貫徹し様とする訓練を行つたとしたら、この犬はどんなものに成つたらうか?
    彼の欠点は、蓋し其訓練の欠陥であつて、其素質の欠陥ではなかつたのである。
    即ち彼は、其活動欲を抑圧され―もつとうまく云へば―充分利用されなかつたのである。
    何となれば、彼が人間と仕事を供にしたときは、世にも幸福さうだつたし、最も御し易い犬であつたからである
    <シュテファニッツ著 「写真と解説独逸シェパード犬」より>




    ちょっとだけ完結に↓

    骨組み丈夫。
    線流麗。
    頭部の恰好は上品。
    体型は乾燥して逞しく、全身神経って感じ。
    それと相応して稟性も良く、主人に対する人懐こさ忠實さは驚くばかり
    けれど、未知の人には、もって備わった傍若無人な支配者的態度で
    溢れるような旺盛な元気は制御しがたい程

    残念ながら若いうちからの訓練は入れていないが、ちょっとウィンクでもすればすぐ主人の元に戻ってくる。
    放っておくと、とんでもない悪戯つ子、手のつけられぬほどの暴れん坊で、何度でも物を追い駆けまわす奴
    のらくらすることは一刻もなく、絶えず何かしている。
    悪気のない人間には無邪気に振舞ふが、決しておべっかやではない。
    とても子供好き。
    彼が人間と仕事を供にしたときは、世にも幸福そうだつたし、最も制御し易い犬であった。


    とな。



    シュテファニッツ氏はまず、

    牧場経営者向きに優秀な牧羊犬を。
    その後、牧場経営者が減っていくのを見越して、農家の番犬。
    同時に警察犬・軍用犬としてシェパードを売り込み、広めていったようです。


    訓練されなかった事でシェパードの評価が落ちないように、訓練してから引き渡したり、
    訓練競技会を誕生させたり、今に繋がる体制や組織作りもしたらしい。


    シュテファニッツ氏は、シェパードのブリーディングポリシーをとても大切に守り、守らせてきたそうです。


    変性退化は既に家畜化、即ち種族特有の生活条件から脱け出たことに発して居るのだ。
    何となれば、家畜化は強制的な寄生生活だからである。
    即ちこの結果は発育不全―だが巨大型もそうだ―繊弱化、体質薄弱、生活力欠乏、神経過敏、不妊である。
    夫れ故、家畜種でも其自然的な生活法に似て居るか、若しくは適応した方法で飼育されるものが最も堅剛で健康且つ多産なものである。
    そして、如上の理由からにして、私は夙くより、我がシェパード犬を犬舎飼育したり、又は作業能力を目途とする代りに、美観のみを目途として蕃殖したりすることが不可なりと警告したのである。
    抑もシェパード犬は作業犬である。
    即ち作業犬其物として今日在るを得たのであるし、将来も依然として「シェパード犬」たり得るのである。
    換言すれば、我々が彼を尊重し愛する如きシェパード犬であり得るのだ。
    シェパード犬の溌剌たる生活力には仕事が必要である。



    シェパードは作業犬である、またそうでなくてはならない。見た目の為の繁殖をしてはならない。
    だからこそ、今日シェパードは存在を得たのであるし、今後も我々が尊重し愛するシェパードでありえる。


    だから純アマチュアと雖も彼を働かせねばならぬし、又絶えず彼及び彼の精神と一緒に働かねばならぬ。
    若しシェパード犬本来の職業即ち牧畜勤務をやらせる訳に行かなかつたら、其時は犬の発育途上で大切な仕事をやらせるがよい。
    何れの場合でも仕事がないときは、代りの仕事を作つてやらねばならぬ。
    何となれば、我々に為めになる意味の仕事を一つも彼に与へてないと、彼は自分の思ひのまゝにあれこれと仕事を探し、ともすると側道に逸れ易いものだからである。
    しかるにこうした自分で探した仕事は持主には婁々、犬には殆ど必然的に、損害を与へるものだ。
    即ち犬には勿論、我々人間の立場からばかり見て「蓼食ふ蟲も好き好き」だから、そのため多くの場合刑罰が打擲の形で与へられるものである
    <シュテファニッツ>




    ふむふむ。

    仕事を与える・・・か。


    仕事、仕事・・・


    どんな仕事なら与えられるかね?



    多くの犬種が、ペットとして、温厚だったり小型化だったり変化してきた中、
    シェパードは今も作業犬だなぁと思う。



    作業犬、使役犬てのはきっと、作業能力もすごくて、人間との接着もすごい犬種なんだと思う。

    どんなに人間にとって便利なポテンシャルを持っていようと、
    人間とセットでいてくれにゃ、成り立たないもんね。


    ボニも、いちおうシェパードなんだよね~。
    この歴史の一番後ろにいるんだよね~。

    なんか、感慨深いっす。


    でも、記事から目を離して、横で寝てるボニのアホヅラを見ると、
    CM入ったら、直前まで見てた番組がなんだったかわからなくなるくらい、
    厳かな歴史が嘘みたいに感じる。笑


    でも、シェパードなんだよね~


    犬種の前に犬で、犬の前に動物。
    でも、シェパはちょっと特殊だし、歴史を紐解くと、気づける謎もある気がしました~。


    これからもシェパードはシェパードで居続けるかな?

    わたしはシェパードの心がスキ♪

    作業能力も見た目も体質も千差万別だろうけど、
    シェパの心は共通してる気がするんだな♪

    めっちゃ人間たらしで、人間と恋愛体質のシェパ。

    これからも、もっと世界のシェパと飼い主が幸せになっていけますように。



    ちなみに、こんなの見つけた♪
    (スマホだと画像が見れないかも)


    1899年から2013年までのシェパ


    だって。

    これを見ると、あれね、ボニは70年代のシェパに近い感じね。笑

    恐れ多いけど、特に1978、79年2年連続VAの女子に似てるような・・・

    2X VA1 Ute vom Trienzbachtal

    顔の大きさが。笑






    1998年VA女子、かっこいいーーー><

    VA1 Anschy von der Magistrale


    そして、2013年VA女子~

    VA(BSZS+CR+SAS+NL) Lara von Regina Pacis


    ふー、ジロジロ見ちゃう♪
    楽し~♪


    1964年位から腰が落ちてきてるんだな~

    ふーん、ほぉ~


    はぁーーー、オタク。笑


    すんませんでした。笑





    音色さんへ。
    (ちなみに、2001.2002、2年連続VAのYasko vom Farbenspiel、憧れのシェパでした。たぶん、ビオちゃんと血が繋がってるかと・・・くーーー!いいな♪ヒルVファルベンシュピールもスキだったよ♪)



    | シェパ | 16:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    ボニゴリvsガンバ

    ヒート中のボニ。

    只今、10日目、一番いい時期に入りました。

    で、ウィルを誘って『焦らし』をはじめました。


    IMG_4418.jpg



    ヒート期のメス犬の焦らしとは、お尻を差し出し誘っておいて・・・
    やめてよっ!とつっ返す、を繰り返す行為だそうで、

    ミンちゃんなんかがすると、とってもかわいいんだけどね、


    ボニの場合どうなるか、


    昨夜撮ったムービーの切り出し画像(粗いです)でお届けしますw


    まず焦らしが成立するには、オス(ウィル)が誘われてくれないとね。


    誘います。

    ボ)ねぇ!

    IMG_4420.jpg


    GOかSTOPか確認中のウィル

    IMG_4421.jpg


    お腹出して、なだめに入っちゃった。

    IMG_4423.jpg

    尻尾ブンブン!
    ほっぺにちゅーー、

    ボ)ねぇ!ねぇ!

    IMG_4425.jpg


    プレイバウ

    IMG_4426.jpg

    からのブッコミ

    IMG_4427.jpg

    フリーズ

    IMG_4428.jpg

    ボ)来ないの??

    IMG_4433.jpg

    ねぇ・・・

    IMG_4441.jpg


    あらゆる攻撃(誘惑)を尽くすんだけど、こんな感じで

    ウィルを誘うこともできないので、『焦らし』が成立しないw


    ウィルはウィルで、行けるなら行きたいんだよ。

    でも、誘いに乗ったら、強烈な突っ放しが待っているのではないかと不安で行けない。

    この時のウィルの心の中を想像してみた。

    こんな感じ。

    ウィル=ガンバ ノロイ=ボニ

    img_0_201410181337315bd.jpg
    <ガンバと仲間たちより>


    手が尽きたボニ。


    IMG_4443.jpg

    もう、わたしが乗っちゃう!

    IMG_4445.jpg


    そこは、ウィルも、男、主張、

    ウィ)やめっ!


    IMG_4447.jpg


    ウィル)てよ・・・

    IMG_4448.jpg






    あきらめないボニ。

    IMG_4450.jpg


    ねぇー

    IMG_4459_2014101813154569a.jpg


    いいじゃないの~

    IMG_4453.jpg


    おねがい!

    IMG_4452_20141018131546822.jpg



    ねぇ!ってば!

    IMG_4455_201410181315492ed.jpg


    で、この一撃で

    IMG_4456.jpg


    ウィル、

    IMG_4465.jpg


    IMG_4467.jpg

    落ちるっていうw

    IMG_4468.jpg


    だいじょぶ??

    IMG_4470.jpg




    IMG_4471.jpg


    IMG_4472.jpg


    IMG_4473.jpg


    こうして、ボニゴリと暮らすウィルは、どんどん女という生き物の美しいイメージが壊れていくのでした。

    人間だと、姉がいる男子は、姉によって鍛えられてるからか、

    モテる傾向にないですか??

    内輪ではエロナンバーワンの称号をもらっているウィル。

    今はただのエロだけど、いつかどんな女子もエスコート出来る男に、

    なれるかもよ?












    | モジャ&シェパ | 14:17 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    去年の・・・

    ネタがないので、去年の今頃の写真を見ようと思い、

    20131012-16というフォルダを開けてみた。


    _DSC0952_20141016001149b0b.jpg


    _DSC0956.jpg

    _DSC0947.jpg


    _DSC0942_201410160011473f5.jpg


    _DSC0937.jpg



    おおぅ・・・(T▽T)



    ビア飼いで綺麗に伸ばしてる人、ほんとスゴイ。

    また挑戦したくなったりするけど、

    やっぱ、うちにはムリ(T▽T)





    同じ場に居たボニは、

    _DSC0960_20141016002254dc1.jpg

    同じようにゴロンゴロンしても

    _DSC1016.jpg

    まったく何もつかない、
    ツルツルボディー。

    ちょっと寒そうな程に。笑


    モップを断髪した時の毛をとっといてあるから、
    それでセーターでも作ろうかな?


    なんか、急に寒くなりましたね。

    今年こそホッカペを買わねば・・・
















    | モジャ犬 | 00:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    雨の日は~

    IMG_4278.jpg

    昨日のちょび散歩。

    ハーネスにしてから、まったく使ってなかったスパイク、

    行方がわからなくなってしまったwので、新調♪

    興味があったカバーも着けてみた。


    IMG_4265.jpg


    なかなか似合ってるじゃないですか。



    これは今日。

    これ、知ってる?

    アヒル口のマズルガード

    IMG_4293_20141013180956680.jpg


    近所のお店で試着出来るようになってたよ。


    アヒル口つーたらあんた、女子のモテテクニックじゃないの~。

    つけてみー


    ぐぐ

    IMG_4287.jpg



    ぎゅーー・・・

    IMG_4291.jpg


    ぷはー

    IMG_4292.jpg


    ムリ。


    諦めは大事。笑




    これも今日。

    雨なのでこれで遊んでみます。

    IMG_4348_20141013181032af1.jpg


    内輪でプチブームの『持って(保持)』

    毎日、ちょっとずつやってくれてます。


    ダンベル

    IMG_4295.jpg

    IMG_4304.jpg


    紐おもちゃ

    IMG_4314_201410131810157a2.jpg


    IMG_4310.jpg




    かわいい・・・w


    これも、

    IMG_4312.jpg


    これも

    IMG_4313.jpg

    かわいい!



    はい。飼い主以外には全部一緒に見えるシリーズwスンマセン



    次、



    ボール

    IMG_4342_20141013181029c74.jpg


    IMG_4344.jpg


    バッグ


    IMG_4319_20141013181017e77.jpg



    これは持ってるか微妙だな。笑

    IMG_4324.jpg



    おやつのたっぱの蓋。

    IMG_4334.jpg



    おわりー。


    次は何を持ってもらおうかね~。笑










    はーーーー!


    雨の日、


    ひま!笑





    雨の日、みんなは何してるんだろ~?

    わたしは今、

    部屋におやつばら撒いて、探せゲームとかさせてます。







    | モジャ&シェパ | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。