PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    サヨナラCOLOR

    SA3A0195.jpg


    今日は幼馴染が遊びにきました。

    小学校からの地元の仲間ってやつです。


    今日の記事は、らしくないので、出来ればスルーしてください(笑)




    友達も、11歳のミックスを飼ってるので、

    ボニーも安心するのか、懐いてニコニコしっぱなし。

    こないだ北アルプスに登ったらしいですが、

    山小屋で意識を失って、後ろのストーブとヤカンに突っ込んで

    火傷したらしいです(笑)気をつけて~!

    今日はボニーに会って早々、

    飛びついたボニーにその火傷の近くを引っかかれ、

    かわいそうなことになっていました。ごめんよ~!!汗


    とってもチャーミングで、おしゃべりな表情を持っているけど、

    みんなといっしょの時は、言葉少なく笑ってるその友達は、

    別れ際に放つ言葉に、パンチ力がありましてね(笑)

    長い付き合いの中、何故か印象に残っていたりします。

    『仕事がんばって。』とか、そんな感じですけどね。(笑)


    大事な仲間、

    でも、みんな大人になって、子供が産まれても、メールで知るくらいで

    私が、たまにみんなの顔を見るのは、誰かのお葬式だったり。

    地元の仲間とは、いつのまにかそんな風になってました。

    地元を離れた私は特にね。


    だから、その友達と、まともに顔を合わせるのは、10年以上ぶり。


    だからといって、今日は、特につもる話もなく、

    相変わらずの屈託のない笑顔に安心しながら、

    とりとめのない会話をして、

    というか、

    ただただ、ボニーの散歩に付き合わせ…汗

    数時間が過ぎていきました。


    そして、夕暮れも過ぎて、別れ際、

    北アルプスのお土産と、ボニーと福へのお土産、

    それから、

    お気に入りのCDあげる。とのことで、

    邦楽のCDを1枚差し出す友達。


    邦楽はあまり聴かないのですが、

    どれどれ、

    ジャケット裏の歌詞を読んで、

    また、やられました。

    別れ際のメッセージのパンチ力(笑)


    『そこから旅立つことは・とても力がいるよ』

    最初の2行。

    私には不意打ちのぬくもりでした。

    それを読んだ途端、不覚にも涙が・・・

    落ちませんでしたが(笑)
    (いや、うちに着いてから落ちました(笑))

    きっと誰でも、自分や、周りが笑っていられる方法として、

    自分の中で閉じ込めてるものってあると思います。

    私も、癒されることも期待せず締めた扉があります。

    そのパンドラは、時の風化にまかせて、ひからびさせてます。

    『自分の選択』への納得には断然自信があって、もうほとんど風化完了って感じです。

    でも、そこから吹いてくる冷酷な現実と、

    とーきどき、ひとりで対峙している自分がまだちょっといます。


    今日、昔から自分を知っている人が送ってくれた歌の、

    その最初の2行を見たとき、

    『がんばったね。』とか『それでよかったと思うよ。』とか『おかえり』とか

    そんなあったかみが添えられた気がしました。

    私の中にはびこっていた『おわり』という認識が

    『はじまり』に変わっていく気がしました。


    がきんちょな精神を持つ私は、誰かに肯定してもらえる終わり方に、

    やっぱり安心してしまう。

    だから、

    なんにも言わないけど、そっと見守っていてくれた、というか、

    ただ知っていてくれた友達にとってもありがとうです。


    昔、絵を描いていた時、仲間の絵を描いたことがある。

    仲間それぞれが、仲間の誰かの『心のどこでもドア』の鍵を持っている絵。

    久しぶりに会った友達は、

    やっぱり私の心の鍵を1個くれた。

    そして、そういう意味で、まだ仲間だってことも、同時に感じさせてくれた。

    今日受け取った、二つのメッセージは、

    空腹だったおなかに染みましたよ。

    大切なギフトとして、大事にしまっておきます。

    ありがとう。

    (あ、もしかして、『絵描きなよ!』っていう3つめのメッセージもあったのかちら??)

    SA3A0193.jpg










    | 人間 | 21:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    No title

    ボニママらしい写真の摂り方にうっとりでした。
    一枚目、CGなのかと思っちゃった。でも、最後の最後に、コレだよって、素敵な二枚目でした。

    いつも面白くて、明るくて、おしゃれなボニママ。目の前の大きな壁に直面して、それを乗り越えてきたようになんて、すぐには気が付かなかったけれど、その身から滲む穏やかな女性らしさって、ボニママが直面した冷たい現実をしっかりと自分の中のパンドラに吸収して、ゆっくりでも消化して、自分自身に磨きをかけたからなんだと、思います。

    何が自分にとっての研磨剤になってくれるかわからない。いいことも、悪いことも、起こったことはすべて、ボニママにとっての研磨剤になってくれて、それで知らず知らずのうちに自分自身を磨いてきたんじゃないかな。

    これからもいっぱい、たからもの、出来るさ♪
    錆びつつあるパンドラの箱まで、最後は磨いちゃえばいいのさ♪

    | MEREASO | 2011/10/11 08:12 | URL |

    Re: No title

    > MEREASOママ♪

    うーん、こちらこそ、メレアゾママの言葉にはいつもうっとり♪

    もやもやしてるものとかって、言葉で表現してもらうと、安心します。

    長いあいだ、『星の王子様』に出てくるうわばみみたいになってたけど

    消化した今は、結局、せんぶに必然を感じます。

    自分で望んで引き寄せて来たんだろなぁって。

    だから、やっつけられて『やっほー!!』です(笑)

    また、ご飯行きましょ♪

    今度は、お酒でも飲みながら、心の中の澱をかき混ぜてみますかぁ~♪




    | 武蔵野天国 | 2011/10/12 11:01 | URL |















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://musasinotengoku.blog25.fc2.com/tb.php/183-7e8c3285

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。