PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ラッキー♫

    サンタヒルズの続きの前に、

    しつこくカメラネタですいません。汗

    中古で購入した2代目ニコンが届きました。

    気になるシャッターカウントを調べると…

    やっほーい!

    820カウント♫

    820なんて1回の撮影で撮っちゃうくらいの数だし、

    ほぼ新品同然だぁー!よっしゃ~♫


    2代目ニコンが届く前に

    今までやったことはなかったけど、試しに、

    5月頃まで使っていたニコンとキャノンの撮り比べをしてみました。

    ニコン 35mm f1.8 1/50 WB/晴天 スポット測光 補正±0
    DSC_03322.jpg


    キャノン 50mm f1.8 1/50 WB/晴天 スポット測光 補正±0
    IMG_9521.jpg

    レンズの焦点距離は違うけど、
    他はなるべく設定を同じにして撮ってみました。
    フォーカスポイントも測光ポイントも同じ場所を狙っていますが、
    改めて撮り比べてみると描写がこんなに違う!
    (あ、ISOはどうだったけかな?確かどっちもオートだったような。確認するのめんどい・・・)


    ニコンは全体が平均的に明るい絵。
    2代目ニコンもおなじような描写でした。

    キャノンは濃厚でドラマティックな、イメージ的な絵。
    初代フィルムキャノンのEOS5の描写とそっくりです。

    私にとっての問題は、
    キャノンの描写は、全体的に暗いのに、
    ハイライト部分(耳の先とか、毛のとことか窓とか)の
    明るさと彩度を見るとニコンとほぼ一緒か逆にぶっ飛んで強い。
    で、シャドウ部分も強くて彩度は全然ない。
    だもんで、レタッチする時は、ハイライトをキープして、
    全体のバランスを取りつつ、
    シャドウの部分だけ明るく引き上げにゃならんのです。
    じゃないと耳のかけた猫みたいになっちゃう。
    この写真でいうと、ジャミの首の後ろあたりの輪郭なんて
    ハイライトがブッ飛んでて、毛の質感がなくなりかけてる。
    だからこれ以上明るく出来ない。なのに、全体的に明るくしなきゃいけない。
    それか、撮影する時に色々気をつけなきゃいけないのだけど、
    これがまた、色々操作したり調整しても、このハイライトとシャドウ、彩度の問題が拭えなかった。
    そして、見ているものと全然違う絵を出してくることに、
    もう、ムキーっ!!と、すんごいストレスでした。
    いつか、あれ?これでいいんじゃん!なんてあっさり解決しそうな気もするけど・・・

    でも、モノクロにした時かっこがつくような濃厚な描写のカメラが欲しかったのもあるし。
    だから、やっぱり両方持つことにしてよかったのだ!


    あぁ、やっと一安心!
    あぁ、づかれたっ!!!

    次はレンズかぁ~?汗





    | カメラ関係 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://musasinotengoku.blog25.fc2.com/tb.php/316-62010c32

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。